ローディは一日にしてならず

無いに等しい『体力』と『根性』を自転車で鍛えて、ついでにダイエットしたい人のブログ(by なすくす)

*

大事なロードバイクを小キズから守りたいならコレ! 3M スコッチ 表面保護用テープ

      2016/05/06

DSC00126[1]

ロードバイクに乗っていると、いろんなところがキズついていく。いま乗っているロードバイクにも小さいキズがついている。

小さいとはいえ、キズを見つけるたびにガックリきているが、自転車に乗っている以上、キズつくのは仕方がないので、あきらめるしかない。

 

ロードバイクに必須のアイテム

しかし、世の中には便利なものがあって、小さいキズくらいなら、保護してくれるアイテムがある。それは、表面保護用テープというアイテムだ。

 

「3M スコッチ 表面保護用テープ」

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00A8N5CTI?psc=1&redirect=true&ref_=oh_aui_detailpage_o04_s00

※現在は在庫がないようだ。たまに在庫が復活するので、たまに見て買うといいかも。

 

ロードバイクのために、作ったとしか思えないテープだ。あまりに便利すぎるので、ロードバイク乗っている人にとっては、必須アイテムじゃないかなと思う。

 

以下のブログで、紹介されていたので、使ってみたのが経緯。

参考:ロードバイク傷防止キャンペーン(表面保護用テープ編)

 

簡単に貼れて、簡単にはがせる

DSC00127[1]

見た目からしても分かるとおり、大きなセロハンテープのようなものだ。ただセロハンテープと大きく違う点は、フレームなどに貼っても、すぐにはがせるというところだ。

 

それは、粘着力がただ弱いということではなくて、ちゃんと貼れるからすごい。セロハンテープのように貼れて、ポストイットのようにはがせると言おうか。走行中に剥がれるということがないくらいには強いので、不安はない。もちろんノリが残っている感じもない。

 

さらに、透明なので、ロードバイクのデザインを邪魔することがない。貼ってみると、デザインに完全に溶け込んでしまって、貼っていることを意識することはない。

 

キズから守る厚みがある

この保護用テープは、テープといってもセロハンみたいに薄くはなくて、そこそこの厚みと硬さがある。

 

かと言って分厚く自己主張することもなく控えめなのだ。でも確実に守ってくれているという素晴らしいアイテムだ。

 

もちろん大きなキズがつくようなダメージを与えれば、守れる保証はないが、そこそこの厚みがあるので小石程度のキズであれば、守ってくれそうな防御力がある。

 

実際に貼ってみた

DSC00129[1]

どこに貼るか?ということだが、まずはよくキズつくところを探して、貼っていくのがいい。自転車の各部を舐め回すように見ていこう。

 

僕が貼りたいと思っているのが、写真に写っているところ。これはシフトワイヤーなのだが、フレームにわずかだが触れていて、走行中の振動で擦れてキズがついてしまっている。

 

ロードバイクを購入したときは、まさかキズがつくとは想像していなかったところだ。だいぶ放置してしまって、キズが付きまくりだが、今からでも対策は取っておくにこしたことはない。

 

DSC00133[1]

これが貼ってみたところ。貼ったかどうか、ほとんどわからないだろう。近くで見ても、貼っているなあ、くらいにしかわからないので、遠目には全くわからないといっていい。

 

最初は、気泡が入って貼るのが難しかったが、少しずつ貼っていくと気泡がほとんど入らなくなるので、頑張ればキレイに貼れる。ちなみに、表面は汚れがないようにキレイにするほうがいい。

 

まあ、仮に失敗したとしても、一旦はがして、もう一回貼れば、問題なく貼れる。すごく扱いやすい。

 

これで、ワイヤーの擦れキズの心配はなくなったといっていいだろう。と思いたい。ぎゃくにワイヤー自体が擦れてしまうと問題かな?それは別途考える。

 

DSC00130[1]

反対側ももちろん貼る。

 

DSC00134[1]

テープの面積が大きくなると、気泡が入りやすくなるが、空気を押し出すように、端っこから少しずつ貼ると上手くできる。

 

すこし気泡が見えるけど、指で押しだして、きれいにしよう。それでも残るけど、多少なら目立たないはずだ。

 

他には、フレームの下側が、小石が富んでくる可能性が高いと考えて、下の方にも大きめにテープを貼った。

 

DSC00132[1]

こういうフレームに直接取り付けているような器具も、テープを貼ってから取り付けると、キズがつきにくい。

 

ここにも貼りたかったけど、取り外しが面倒なのと、結束バンドがなかったので、また後日やろうかと思う。

 

まとめ

これは人に勧めたくなるほど、便利なアイテムだ。ロードバイクを買ったら、すぐさまこれで保護すべきと思っている。気になるところに、ちょいと貼れるって点がとてもいい。

 

ロードバイクは、キズついてしまえば、それで終わりだ。そう簡単に買い換えられない。キズがついてガッカリしないように、すこしでもキズをつきにくくするこの表面保護テープを買うべき。

 

 

実は、ずっとほしかったんだけど、売り切れで手に入らなかった商品だ。一度買ってしまうとしばらく使えるので、在庫が出てきたのは幸運だった。

 

いま手に入らなくても、在庫が復活することがあるので、定期的にネットで探してみるといいかも。

 

 

「3M スコッチ 表面保護用テープ」

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00A8N5CTI?psc=1&redirect=true&ref_=oh_aui_detailpage_o04_s00

※現在は在庫がないようだ。

     
ここまで読んでくださって、ありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています!
クリックしてもらえると人気投票になるので嬉しいです。
読んだらポチッとな!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 - 自動車関連その他, 自転車用品