ローディは一日にしてならず

無いに等しい『体力』と『根性』を自転車で鍛えて、ついでにダイエットしたい人のブログ(by なすくす)

*

自転車乗るなら自転車保険は必須!3つのおすすめを紹介

   

自動車保険

あなたは、ロードバイクに乗っているとき、ヒヤッとしたことや、危ない目にあったという経験はありませんか?

左折トラックに巻き込まれそうになった、急に車が飛び出してきた、などなど。乗れば乗るほど、危険な状況に出会うことが増えてくると思います。

そして、まだまだ社会は自転車に対して、やさしくないので、事故に巻き込まれることは避けられません。

 

自転車は加害者にもなる

その一方で、自転車が加害者になるという例も増えています。裁判で高額な賠償を請求されるということも、実例として出てきています。

 

たとえば、加害者に高額賠償を命じた判決には、以下があります。

  • 小学5年生が女性と正面衝突し、被害女性の意識が戻らず、9521万円
  • 男子高校生が斜め横断して、被害男性に重大障害を負わせ、9266万円
  • スピード超過で、横断中の女性に衝突し死亡させ、6779万円
  • 信号無視で、横断中の女性に衝突し死亡させ、5438万円
  • オートバイと衝突し、被害者が死亡、4043万円

(参考:自転車での加害事故例

 

自転車に乗りはじめるという方も、いま乗っているという方も、これからは保険に入るのが必須になる時代になってくると思います。

 

じゃあ、どの保険がいいんだろう、って思いますよね。僕もそう考えたんですが、たくさんあって何がいいのかすごく迷いました。

そこで、僕が比較した上で、これだという結論にいたった3つの保険を紹介します。

 

保険で重視するもの

僕が保険を選ぶ上で重視したものは以下の3つ。

  • 保険料は5000円程度
  • 個人賠償が1億以上
  • 示談特約サービス等が充実している

 

保険金は、もちろん安いに越したことはないですよね。気軽に入っておくという意味では、個人の場合は年に5000円前後が妥当かと思います。その辺で選んでます。

個人賠償補償額が1億円以上というのは、賠償請求の実例が最高で1億円程度あることを考慮しているためです。それ以下の補償額では、やはり不安が残ります。1億円以上を選ぶべきかと思います。

サービスが充実というのは、上記以外の補償もしっかりとしてくれる点を評価しています。加害者になる可能性を考えると、示談交渉付きであれば、役立つことでしょう。

 

おすすめの3つの保険

上記の保険で重視する3項目を考慮して、絞った保険は以下の3つになりました。

  • DeNAトラベル(旧:エアーリンク)
  • ネットde保険@さいくる
  • e保険ストア

詳細を見ていきましょう。

 

DeNAトラベル(旧:エアーリンク)

DeNAトラベル

http://bicycle.sougouhoken.jp/index.html

かなり人気の保険。おすすめするサイトも多い。

 

メリット

なんといっても、個人賠償補償が2億円というのが魅力。1億円以上の賠償金の例がないせいか、個人賠償は多くても1億というのが多いですが、それに比べて安心感が違います。

示談交渉サービスや、日常のサポートが充実しています。

また、家族がいれば、同一生計の家族が対象になるので、家族がいるほど、お得になっていくことも魅力でしょう。

 

デメリット

一方で、死亡保障などは少し低めというのが残り2つの保険と違うところ。また通院保障がないということもあります。

 

ネットde保険@さいくる

ネットde保険

http://www.ms-ins.com/product/kega/cycle/

あまりおすすめされているところを見ないですが、個人的には、必要十分な保険として魅力があります。

AコースとBコースは通院保障があるかないかですが、個人的にはBコースで十分だと思います。

 

メリット

死亡・後遺障害への保証が大きいです。ロードバイクに乗っている場合、高速で移動している分、事故した時の怪我の度合いが大きいということを考慮すると、死亡・後遺症への対応が重要かと思います。

示談交渉サービスや、日常のサポートも、もちろん充実しています。

 

デメリット

家族など対象範囲を広げると料金も高くなる。

 

e保険ストア

e保険

http://jitensya.ehokenstore.com/

セブンイレブンで入ることのできる保険。ネットでも入ることができる時代なので、それほど便利には感じないが、ネットがよくわからない場合にはベンチかも。

 

メリット

保険料が安く抑えられるのに、十分に補償がある。

セブンイレブンで、加入ができる。

 

デメリット

上の2つを足して割ったような補償内容。個人賠償や死亡後遺補償を重視したい場合は、選択肢にならない。

 

まとめ

3つの保険をまとめると、下の表になります。

 

保険比較

 

何を重要視するかで、選ぶものが変わると思います。

自分が加害者になった場合の賠償責任補償が不安で、家族と一緒に入りたいという人

⇒ DeNAトラベル 充実コース

十分な補償が必要という方で、それでも保険料は抑えたい人

⇒ e保険ストア

自分自身への障害、自分が死亡したときの補償を充実させたいという人

⇒ ネットde保険@さいくる Bコース

 

番外編:上記以外の補償

TSマーク(赤色)

これはちょっと変わった保険で、自転車安全整備士が点検整備した自転車に自動的に付帯する保険となっています。なので、点検のついでに保険に入れるというもの。

個人補償が5000万円となってしまいますが、年間2000円の保険料なので、かなり安いです。普段は自転車に乗らない人におすすめです。

ただし、毎日乗る人は、もっと補償の充実した保険を選んだほうが良いと思います。

 

あうて ケガの保険Bycle

示談代行や弁護士特約、ロードサービスなど、充実の自転車保険になっています。しかし、価格が高いというのがネックです。ゴールドのプランだと、1万円を超えてしまいます。

シルバーもありますが、シルバーにするくらいなら、上記のおすすめ3つの中から選ぶほうがよいと思います。

 

     
ここまで読んでくださって、ありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています!
クリックしてもらえると人気投票になるので嬉しいです。
読んだらポチッとな!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 - 自動車関連その他