ローディは一日にしてならず

無いに等しい『体力』と『根性』を自転車で鍛えて、ついでにダイエットしたい人のブログ(by なすくす)

*

便利すぎる!愛用のメッセンジャーバック TIMBUK2 Dashboard Laptop Messenger Bagを紹介

      2016/05/06

DSC00116

ロードバイクに乗る際は、カバンを使わず後ろのポケットに入れているが、日常的に自転車に乗る際はカバンは必需品になってくる。はじめは小さいショルダーバックを使っていたのだが、買い物に行った際など、カバンに入らないので、困ったという場面が多かった。

なので、大きめのカバンが欲しくなったので、メッセンジャーバックという代物を手に入れることとした。手に入れたのは、TIMBUK2の「Dashboard Laptop Messenger Bag」 というバッグだ。

値段はそこそこするが、思い切って買ってみると、これがすごく便利。自転車に乗るときには必需品だし、自転車乗らなくても日常的にも非常に便利なのだ。

早速、使用感を書いていこう。

思ってた以上に容量がある

購入当初はこれが一番不安だった。大は小を兼ねるとはいえ、自転車に乗る上で大きすぎるのも嫌だし、ここれ失敗覚悟で小さめを買ってやる!と思い、サイズは「S」を選んだのだが、これでもかなり十分な容量がある。

大量に買い込みしなければ、体感的には買い物カゴの半分の量なら、荷物を入れれるくらい。このバッグさえあれば、買い物袋いらずといった感じで、非常に使い勝手が良い。DSC00107DSC00114

インナーバッグもあり、それに加えて、ハードカバーの本が2冊くらいは横に入る。500mlのペットボトル、財布なんかも余裕だ。

ポケットが少ないかな、と買う前は思っていたけど、外面にあるポケット1個で割りと使える。中にも、そこそこ小さいポケットはあって、困ることは全くない。

DSC00105

 

充電器と、iPhone5Sは、余裕で入れることができる。これを入れてもまだまだ入る。
DSC00115

 

中のポケットも十分活用できる。充電器もすっぽりと入る。

Chromebookだって入れることができるぞ!

ノートPCを入れてくださいと言わんばかりのインナーバッグが入っている。Chromebookを買う前に購入したカバンだが、Chromebookを入れるのにちょうどいい大きさとなっていて、素晴らしい。

DSC00108

DSC00109

 

本当にちょうどいい大きさ。完璧すぎる。

DSC00110

Chromebook、iPad、Kindle、充電器は常時入れている。Chromebookは重いし常に使うものでもないので、余計ならインナーバッグごと取り出せばいい。持って生きたければ、そのまま入れればいい。

DSC00111

 

インナーバッグの裏面にはマジックテープがある。
DSC00112

インナーバッグは、内側のマジックテープにくっつくようにできている。
DSC00113

こんな感じに固定される。中で動いたりしないので、安定性が良いということだろう。

ただ、インナーバッグを外したままだと、クッションがないせいか、背中が非常に痛いことがある。この辺は、インナーバッグを常時入れておくとしたほうがいいのかもしれない。インナーバッグは入れたままでも十分にスペースがある。

ベルトが伸縮自在なので取り回しが快適

メッセンジャーバックと言ってもいろんな機能のあるものがあると思うが、このバッグはベルトの長さを簡単に調節することが可能だ。ベルトの途中に調整するものがついていて、これを上に持ち上げるだけですぐに締めることができる。

はじめはどうすればよいかわからなかったが、固定する器具から出ている細い紐をそのまま上に持ち上げれば、ベルトが締まっていくのだ。これはすごい便利。緩める場合は器具を下げればいいので、簡単にものの出し入れをすることができる。リュックなどに比べれば、取り回しが非常に楽だ。

DSC00118 DSC00119ここを引っ張ると締まる。片手で締めることができる。
DSC00120一番長く伸ばすとこれくらい。ペットボトルは500mlサイズ。大きさ比較用。
DSC00121 短くするとここまでになる。短くすると体に完全に密着し、ちょっとやそっとではズレたりしない。

長時間の使用は肩がつらい

一度、一日中背負って見たことがあるが、長時間になると結構つらい。ベルトを緩めて重心を下の方にして肩の負担を下げているのだが、片方の肩しか使っていないので、一日も経てばダメージが相当ある。肩パッドがあるので、ある程度は軽減されているはずなのだが。

Chromebookを入れた状態ではあるので、そもそも重いということでもあるが、それを差し引いても、本来的に楽に背負えるとおうカバンではないことは確かだ。バックパックとかに比べれば、そういう意味では劣る。それでも、取り回しの良さとを考えると、十分に使えるバッグであることも間違いない。

マジックテープの音が意外に大きい

一番良くないと思っているのが、これ。開ける部分がマジックテープになっているので、開けるたびに「ビリビリー」と大きな音がなる。当たり前だし、機能的にはマジックテープのほうが便利なので、おかしな話だが、音がするたび少し恥ずかしくて開閉する際のストレスになる。音のしないマジックテープがほしいところだ。

DSC00122

留め具もあるけど、マジックテープで十分止められるので、いつもはマジックテープのみでいける。音が結構すごい。

まとめ

楽に背負えるというよりは、それ以外の機能を向上させたバッグと言った印象だ。長時間使わないとか、それほど重いものを入れないのであれば、これ以上便利なバッグは(今のところ)ない。

デザインも気に入っている。ボクの使用しているのは緑のものだが、色合いも渋い緑で気に入っている。機能的にもかゆいところに手が届いている感じで、文句の付け所がない。耐久性についてはこれからわかってくることだろうが、今のところ何も問題なく使えている。できれば、長く付き合っていきたいカバンだ。

ちなみに裏面はこんな感じ。

DSC00117

     
ここまで読んでくださって、ありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています!
クリックしてもらえると人気投票になるので嬉しいです。
読んだらポチッとな!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 - 自転車用品 ,