ローディは一日にしてならず

無いに等しい『体力』と『根性』を自転車で鍛えて、ついでにダイエットしたい人のブログ(by なすくす)

*

新たな敵と出会う旅  昭和の森〜矢作ダムコース

      2015/07/14

DSC00166

先週の昭和の森ショートコースから少し外れると、矢作ダムまでの道につながっている。今回はこちらのコースを走った。

梅雨の時期でもあって、昨日まで雨続きだったが、それが嘘のように晴れ。やった!完全に自転車日和!…のはずだったけど、炎天下の中のライドを初めて経験したせいか、新たな敵が僕に襲いかかる……

 

DSC00141

昭和の森をスタートする。ここを右に折れると山道のコース。今回もここを通る。道の状態は非常に悪い。

 

DSC00142

途中までは、前回と同じ。山道を通る。昨日までの雨のせいか、道は濡れている。水たまりというより、山から水が常に流れてくる状態。自転車がこれでまた汚れる……

 

DSC00143

矢作川に架かる橋。このあと何本も橋があるのだけど、比較的大きい方の橋。ちなみに橋を通るコースではなく、単に写真が撮りたくて橋にいるだけ。

ここからは徐々に川も狭くなり、岩もゴロゴロしてくる。この時点でも岩のごろごろ感はある。

 

DSC00144

阿摺水力発電所が見える。ゴーゴーと水が流れる音が聞こえる。

 

DSC00145この道を左に折れるとショートコースに繋がる。まっすぐ行けばダムに繋がる。今回はまっすぐ進むコースを取る。基本的に川沿いを走っていれば、上流のダムにいけるので、迷うことはないはずだ。

ここから緩やかな坂になってくるのだが、実はこの時点から何か調子がおかしいことに気づく。

やたらと気持ちが悪い… ちょっと吐き気がするのである。若干、めまいもする。

久しぶりの運動で体力衰えたから、疲れるの早いだけかな程度のつもりでいたんだけど、ここから数キロ行ったところで、どうにもこうにも進まなくなり、木陰で様子を見ることに。

これはもしや、熱射病…というやつか? 引きこもりがちなボクとしては経験がないのでイマイチ良くはわからない。

どちらにしろ、体の調子は良くない。完全な熱射病ではないかもしれないが、割と危険な状態かもしれない。ここで諦めて帰ることを考える。

しかし、じっとしていると逆に体が暑くなってきて、苦痛になってくる。

ゆっくりでも自転車を漕いだほうが、幾分かは涼しいかな?

ということで、ゆっくり目でも漕いで進んでみることにした。

これは正しい対処ではないと思うので、気分悪くなったら帰るのが真の正解ではあると思う。真似はしないで欲しい。

 

DSC00179

本当に辛くなってきた。体が暑い。

基本的には峠道のような場所をひたすら進むので、つらい。この先は森と道以外ないのだろうなあ…と思っていて、どこで引き返すかを考えていた。

体力はあるのに体が動かないといった感じの辛さなので、ゆっくりめに登ってきたけど、さすがに限界が近づく。冷たい水が欲しい。

 

自動販売機はどこかにないかなと思ったけど、風景的に絶望的。

帰り際のどこかにコンビニないかなと、iPhoneで近くのコンビニを検索すると、1.6km先にコンビニがあると出た。1.6km前ではなく、先にある。

 

こんな森と道しかないと思っていたところに、コンビニがある!(失礼)

 

 

自販機すらあるかどうか怪しかったのに、コンビニがある!(本当にごめんなさい)

 

割りと本当に息を吹き返す。コンビニがあるとわかっただけで、ちょっと元気になってきた。1.6kmでも今の自分としてはかなりつらいが、行けば冷たい水が手に入る。まさに地獄に仏とはこのこと。

 

DSC00176

コ、コ、コ、コンビニがあったー!!

ロードやっている人のために作ったとしか思えない立地にあるコンビニ。もちろん同じように自転車に乗った人がたくさんいた。ここで冷たい飲み物とウィダーinゼリーを購入し、体力回復。全快ではないけど、かなり助かった。これなら、ダムにいけるかもしれない。

 

DSC00180

行きの時は、コンビニしか頭になかったので気が付かなかったけど、実はコンビニ周辺には、風鈴の街があった。風鈴のいい音色が心地良い。村おこしの何かだろうか。

 

DSC00178 DSC00177

風鈴温泉通り、というらしい。思いがけない癒やし。

 

DSC00146

コンビニがある地点からすぐの場所の右手に、ダムへの道がある。山になっているが、それほどきつい坂はない。

 

DSC00175

途中二手に別れる道があるが、どちらから言ってもダムにつける。ちなみに、右が愛知県で、左が岐阜県となる。ボクは右側の愛知県ルートから進む。

 

DSC00149

途中、矢作第二ダムがある。

 

DSC00170

道の反対側から見るとこんな感じ。これは帰りに撮った写真だ。

 

DSC00150

DSC00151

愛知県ルートは一気に登っていくので、上からの景色がいい。風景を楽しみたいなら、こちらのコースがいいかも。

 

DSC00152

ちゃんと二車線ある。割と広いし、道も整備してある。この道をひたすら進む。

 

すると…

 

 

 

 

DSC00156

ダムに到着!!

 

DSC00153

記念撮影。

ダメかと思ったけど、なんとか辿りつけた。ここにつく過程で、ロードバイクの人が5,6人いたが、着いたときには他のロードバイクはいない。ここが目的地ではないのかもしれない。

 

DSC00155

矢作ダムによってできる湖は、奥矢作湖というらしい。

 

DSC00154

ダムの上の道を通ると、反対側のコースに出ることができる。この向こう側は岐阜県になる。

 

DSC00160 DSC00166

高所恐怖症なので、ダムは基本怖い。しかし、自然と人工物の巨大さに圧倒されて不思議な感覚(凄み?)のある面白いモノであることには変わらない。

ダムって、ダムカードってのをもらえるらしいんだけど、どこでもらえるか分からず、スルー。

 

DSC00157

休憩場所があったので、小休止。

 

DSC00161

超シュールな絵と出会える。豚とトマト?特産物か。

 

DSC00163 DSC00169

帰りはトンネルを通る。ものすごく涼しい。写真では明るいけど、実際に見ると結構暗い。クルマには注意しないと行けない。

 

DSC00172 DSC00174

帰り際にパシャリ。鳥が飛び立つ瞬間だが、分かるだろうか。水面の白い線がそれ。

 

帰りもそこそこきついが、なんとか無事帰れた。コンビニがなかったら多分ダムに行くことは不可能だっただろう。自分の準備不足が招いたものだった。

 

今日の教訓

激坂や、雨という自転車の敵の他に、気温というのも敵だということがわかった。

炎天下でのライドは、体温の調整などを気にしたほうが良いかもしれない。水は次回からは冷たいものを持っていくことにする。ぬるい水では喉の乾きが癒えない。

これから本格的な夏に突入していくので、次回以降は、保冷バッグなどで冷やしておこう。

     
ここまで読んでくださって、ありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています!
クリックしてもらえると人気投票になるので嬉しいです。
読んだらポチッとな!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 - ロングライド, 自転車旅