ローディは一日にしてならず

無いに等しい『体力』と『根性』を自転車で鍛えて、ついでにダイエットしたい人のブログ(by なすくす)

*

ロングライドでちゃんとカロリー摂ってる?スポーツ羊羹のススメ

   

DSC00139[1]

自転車でロングライドする場合、実はものすごいカロリーを消費している。100kmだと、走り方や人にもよるけど、3000kcal(!)くらいは消費してしまう。

これで計算できる → 自転車消費カロリー計算ツール

何も食べなければ、3000kcalも消費するので、激やせすること間違いない。

でも、100kmの間、何も食べなければ、ヘトヘトで力が出ず、全く走れなくなる。これはハンガーノックと言って、非常に辛いし、体にとっても良くない状態になる。

だから、ロングライドするときは、必ず、食べることを考える必要がある。

DSC00136[1]

そこで、ボクがよく使うのが、羊羹である。特に井村屋のスポーツ羊羹というものがおすすめ。まあ、自転車乗りの間では羊羹はベタなものかと思うけど、ベタなだけに実に素晴らしい携行食だ。

 

以下は、僕の思う利点を書く。

小さくてカロリーは十分

DSC00140[1]

コンビニに行けば、比較的小さくて、カロリーが200kcal弱の食べ物が多いが、これはその中でも特に小さくコンパクトだ。

重さも最軽量に近く、携帯性が非常に高い。

栄養成分がほとんど糖質

羊羹じゃなくても、コンビニにある「ソイジョイ」とか「カロリーメイト」とか「一本満足」がある。しかし栄養成分をよく見てほしい。脂質が10gとかないだろうか。これは、カロリーを大きくするために、脂質で稼いでいるからだ。

しかし、本当に欲しい栄養成分は糖質なのだ。脂質は余分なので、あまり取りたくない。そういう意味で、羊羹は糖質の塊のようなものなので、適した食べ物ということになる。

DSC00137[1]

脂質がほとんどなく、多くは糖質=炭水化物であることが分かる。理想的な食べ物だ。

喉が渇いていても食べられる

DSC00138[1]

羊羹は喉がカラカラの状態でも比較的食べやすい。開けたところは、みずみずしい感じ。食べてみると、甘くて非常に美味しい。ロングライドじゃなくても食べたくなる味だ。スポーツ羊羹と、普通の羊羹の違いは、塩分が補給できるところらしい。しかし、塩っぽさは微塵もない。

一方、カロリーメイトをその状態で食べようものなら、口の水分を全て持っていき、飲みこむことすら困難だろう。一度やってみたが、二度とやりたくない気持ちになった。

値段も高すぎない

DSC00135[1]

箱ごと変える。10本で1000円ほどなので、1本100円チョイ。コンビニで売っている羊羹とそれほど変わらない。

ロングライドで何本食べる?

ボクとしては、20~30kmで1本は食べるようにしている。人によっては、50km走ってもおなか減らない人もいるので、人それぞれだが、お腹がすく前に食べたほうがいい。何か目安を作って食べよう。

そう考えると、100kmでは、3~5本は食べないといけない計算だが、羊羹ばかり5本も食べるのは飽きる。そういう場合は、別の食べ物を食べたほうが、いいかもしれない。コンビニでおにぎり買って食べるとか、お店に立ち寄って食べるのもアリだ。

その合間に食べるものとして、羊羹は最適だ。

     
ここまで読んでくださって、ありがとうございます。
にほんブログ村のランキングに参加しています!
クリックしてもらえると人気投票になるので嬉しいです。
読んだらポチッとな!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

 - ロングライド